劇団四季 ウィキッド

新年あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。




町内役員の仕事が12月15日に開催したクリスマス会を最後に終了しました。

夏祭りの仕事は、段取りが大変で胃が痛くなりましたが
クリスマス会は、準備から楽しくてまるで学生の文化祭気分でした。

お手伝いをお願いしたサンタさんは、AKB48のフォーチュンクッキーで登場してもらったり・・・
演出を考えるのが楽しかったけど、パワー溢れる私達、無理なお願いも沢山してしまい
サンタのIさん 大変だったろうな(笑)
私は、音響と絵本の読み聞かせ『紙芝居』の担当でした。

演出とか飾りつけに結構拘ったので、お子さん達思い出に残ってくれれば嬉しいなぁ~


我が家は、ご近所に恵まれていてお手伝いをしてくれる方がいるので本当に助かりました。








大晦日に主人と四季のウィキッドを観に行きました。

3_convert_20140107100657.jpg



一幕最後のエルファバのソロは圧巻です!!
大晦日だから?カーテンコールも長かったような。

2_convert_20140107100641.jpg



今年の暮れもここかな~♪♪

1_convert_20140107100618.jpg

ミケランジョロ展

国立西洋美術館で開催されている『ミケランジョロ展』に主人と一緒に行ってきました。
開館30分前に着きましたがすでに行列でした。

今回は、オンラインチケットを購入しておいたのでチケット売場へ並ばずそのまま入場です。
お徳な前売りチケットを買っておいてよかった。

12月にはモネの絵が来ますよ。



2_convert_20130911155706.jpg



私は展覧会がメインですが主人が行きたかったのは『スカイツリー』
チケットを買うのに1時間以上並び
展望台に着いた時には足腰が限界でした。
私が限界だったのでソラマチに寄らずに速攻、帰宅!!

1_convert_20130911155624.jpg











4月~8月までは町内役員の夏祭りの仕事が忙しく、9月になってやっと日常の生活に戻りました。
残す仕事はクリスマス会、今の小学生ってどんな企画が楽しいのかしら・・・・
もう少し先の仕事なので、10月頃まではゆっくりできます。


途中経過をすっかり忘れてしまったフェアアイルを再開しました。
今年中に完成させたい。

ロックミシン様 我が家へようこそ!!

きました~きました~ロックミシン
買いました念願のロックミシン様!!

RIMG4231_convert_20120315111307.jpg


洋裁は、独身時代から好きだったので、アレコレ縫っていて
洋裁教室に通っていた時期もあった私ですが。

当時はロックミシンなんてどれもお高くて(10万以上)
欲しくたって、たかが縫い代始末だけに、10万の買い物なんてありえないので
通っていた洋裁教室のロックミシンをありがたーーく使わしてもらっていました。
作りかけの洋服まとめて持っていっては、ロックミシンだけ拝借~ってな時もあり
(ごめんなさい先生)

結婚、引越しで、教室もやめてしまい
ロックミシンのない洋裁生活

小さかった娘の洋服だって、何枚も縫ったけど
ほしいな~と思いつつもジグザクミシンで我慢してました。

考えてみれば、20年以上我慢したんだ!!
よくよく考えぬいた買い物だし
家族の洋服もチョイチョイ縫えば、みんなニッコリ♪ ハッピー♪ でしょ?

なんちゃら~かんちゃら~と都合の良い理由で自分を納得させてポチリ。

清水の舞台からバンジージャンプする(←死ぬよ)
ぐらいの気持ちで買っちゃった訳です。

でもね~うちは、ロックミシンなんてもんより
もっと優先して買わなくっちゃいけない物があるんですよね。

テレビは、まだぶ厚いブラウン管だし。。
冷蔵庫は、瀕死の状態でぐわーーんぐわーーん吠えてるし。。

まーたらたらと、買っちゃった物を言い訳がましく書いていますが・・

要するに、主人や子供達に内緒な訳で・・と言う事は
自宅に荷物が届いちゃうとマズイ。

いつもの(?)ように届け先は、自分の会社

頃合いを見計らい、車から降ろして
今使ってる家庭用ミシンの横にシラ~っと並べちゃえばいいじゃない?
洋裁部屋は2階だし、多分しばらくは誰も気づかんでょ
家族には、事後報告って事で・・(いつ言うか?)





・・・・・その日、めずらしく部屋に入ってきた主人にあっさり見つかり

『アレ?ミシン買ったの?、2台も』 by主人

チミ!!買ったのは1台だよ!!い・ち・だ・い!!



裏側も綺麗あなたのシャツも縫ってあげますから・・・・(そのうち時間があったらね)

あ~~ロックミシンって便利♪♪









以下、ロックミシンのご紹介。

買ったお店
ミシン販売のナカニホン 
品名 JUKI(ジューキ)MO-114D おまけが付いて 36600円
注文してから2日で受け取り。

なんてったって2本針4本糸ですから既製服の裏側みたいに縫い目が綺麗です。
縫いパターンは、『縫い合わせ』『かがり縫い』『全巻きロック』『細ロック』の4種類

気になった所は
あたりまえだけど、値段が安いので自動糸通しなんてありがたい機能は付いていません。
老眼になりつつある目には、2本の針に糸を通すのが大変でした。
針穴が見えないので、縫い針に使う糸通しを使ってようやく通しました。


糸かけ順序は、取説通り順番にかけていけばそう複雑でもないようです。
値段も安いし、縫い目も綺麗なので家庭で使うには十分なロックミシンだと思います。

フェルメール展へ

渋谷 bunnkamura で行われている 
『フェルメールからのラブレター展』に行ってきました。


RIMG4178_convert_20120130140131.jpg
17世紀に活躍したオランダの画家 

ヨハネス・フェルメール

『真珠の耳飾りの少女』
映画にもなった青いターバンの絵は、とっても有名ですよね。



今回の展覧会のテーマは『手紙』
フェルメールの作品は3点出展されています。

『手紙を書く女と召使い』
『手紙を書く女』
『手紙を読む青衣の女』

『手紙を読む青衣の女』は修復されて日本初公開です。
ラピスラズリを原料とする宝石を使って書いた
青い衣装と椅子の色が素晴らしく美しかったです。

28日 土曜日に行ったので、混雑を予想して開館と同時に入りましたが
やはり人気なんでしょうね、結構な混雑ぶりでした。
それでも、少し並べば人の頭越しではなく
目の前でフェルメールの絵を堪能する事が出来て大満足。


そしてもう一人のお目当て『ピーテル・デ・ホーホ』の絵もじっくり観てきました。
デ・ホーホとフェルメールは親交あり、構図が似ている作品がいくつかあります。

デ・ホーホの絵を間近で見たら、あら、新発見!!
絵の顔が・・・クスッと笑っちゃうようなおちゃめ顔?


今回のフェルメールの絵3点の中で『手紙を書く女と召使い』が一番好きでした。

召使の『もーーどうでもいいから早く書いてよ!!』と文句を言いたそうな微妙な表情
カーテン越しの光の描写と美しいステンドグラス。
こんなステンドグラスが部屋にあったら素敵でしょうね。

なんと実際にフェルメールをイメージしたステンドグラスを家に取り付けたお方がいらっしゃいます。
毎日欠かさすチェックしている大ファンのブログ

弐代目・青い日記帳
ステンドグラスがある家なんてロマンチックですよね~

こちらに伺うと、休みの度に展覧会に行きたくなります。
情報も盛り沢山。



今回は、一人で行ったので思う存分、しっかり2時間居座って
絵の世界にどっぷり浸ってきました。

海を渡って3カ国を回らなければ観られない絵を
たったの1500円で、同時に観られるなんてお得~~

3月14日まで開催されていますので、ご主人やお友達と一緒に足を
運ばれてみてはいかがでしょうか。

でも展覧会は、一人で行った方が自分のペースで観れますけどね!!

そして3月31日からは、レオナルド・ダ・ヴィンチ美の理想が開催されます。
これは、主人の休みに合わして一緒に行く予定です。

アナンダさんへ糸紡ぎ体験

アナンダさんへ糸紡ぎ講習へ行ってきました。


以前から糸車で糸を紡ぎたいと思っていまして
紡ぎの世界では、とっても有名な吉祥寺アナンダさんへ
講習をお願いしました。

早速電話予約

手紡ぎ講習は、1日4時間(1枠2時間x2)を2日間
計8時間、講習を受けると良いです。
とお電話で説明して下さいました。

そしていよいよ講習1日目

初めて糸車を見た瞬間、おおーー素敵!!
使い込んだ感のあるつやっつやの糸車
なんて素晴らしいフォルムでしょう。


使わしてもらった糸車はこちら

アシュホードのトラディショナルだそうです。
記念に写真を撮らしてもらいました。

すっかり見惚れてしまい、手ですりすり~なでなで~~しちゃいました。
もう気分は、童話の世界の『眠り姫』

3_convert_20111127143213.jpg


こちらは、お店の奥にあった
重厚感のあるエリザベス

6_convert_20111127143614.jpg





簡単に部品の名前を説明してもらい
車を回す準備運動をしてから
いよいよ実践です。

1日目は、ロムニーの毛で
梳毛糸の紡ぎ方を習い
単糸を双糸にするまでを教えていただきました。

5_convert_20111127143328.jpg



単糸を双糸にして出来た糸。
生まれて初めて紡いだ糸ですので
記念として大切にとっておきましょ~
初心者が紡いだ糸なので、ぽこぽこ糸になっちゃいましたが
そこが味があってかわいいんですよ。

4_convert_20111127143257.jpg

そして2日目は、紡毛糸の紡ぎ方。

1日目の梳毛糸は、繊維の方向と同じに紡ぎ
それに対して、紡毛糸は繊維に対して直角に糸を出す。

糸をシューーと伸ばしながら、撚りをかけて
指先で撚りを確認しながら糸をボビンに送る。
これが、とっても難しかったです。

気がついたら4時間あっというまに経ってしまい講習終了。


最後にアルパカ、シルク、フリースと少しずつ紡がしてもらい
なるほど・・・糸でこんなに違うんだ~と体感してきました。

お店の方はとっても親切で丁寧な方ばかりです。

ちょっとしたコツを教えてもらえた事と
プロの方の紡ぎを、実際に目で見て感じる事が
一番の勉強になったなーと感じました。


帰りにお店で少しお買い物をして講習2日終了。
とっても濃い2日間でした。


お買い物

カラーロムニー

1_convert_20111127143002.jpg


インド紫檀製ドロップスピンドル

2_convert_20111127143059.jpg


糸の世界に完全にはまってしまい
編み物→紡ぎと
どんどん糸の原点に戻ってきています。








プロフィール

rieko

Author:rieko
編み物、パッチワーク、洋裁
などの針仕事が大好きです。

タイトルのhofumi(ほふみ)は
7月生まれだから
稲の穂が実る月(穂含月)ほふみ月

参加してます
projects
カテゴリ
最新記事
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
☆ご訪問ありがとうございます☆
☆今○人です☆
現在の閲覧者数: